家族に知られたくないヒミツ。

ソチの冬季オリンピック以来、フィギュアスケートの羽生選手にすっかり夢中になってしまいました。
自分より20歳も若くて、親子ほども年が離れています。
でもあのキラキラしたまぶしい笑顔と、演技するときの、
あの鋭いまなざしとのギャップにハートを打ち抜かれてしまいました。
家族がみんな寝静まってから、羽生選手の過去の演技の動画をネットで探しては
夜な夜な鑑賞して、一人でニヤけています。
かわいいし、かっこいいし、素敵だし、スタイルいいし、ジャンプは凄いし!夜中にテンションあがります。
昔、光GENJIに夢中だったころを思い出します。今の私にとって、
羽生選手はアイドル的存在です。
いい年してキャッキャしてしまって・・。こんな姿、緩んだ表情など、家族には見られたくない!!
特に主人には!主人にはこんな緩んだ表情、何年も見せていない気がします。
本屋さんに行くとフィギュアの本がたくさん並んでいます。立ち読みして中身を確認したい!
でもスポーツの雑誌のコーナーには、誰かしら男性がいるので、
何となく恥ずかしくて、結局素通りしてしまいます。
ネットショップで購入する方法もありますが、でも中身が見られないからな〜。
何よりも、本を買ったのが家族にばれると非常に恥ずかしいし。結局買えないまま今に至ります。

本が本屋さんに在るうちに、絶対ばれない隠し場所を確保して
知り合いに見つからない遠方の本屋で購入しよう!
思春期の少年の気持ちが、少しわかった気がします。