キャッシングで生まれる返済義務

返済はお金借りる時に、先に考えることでしょうか。

 

それとも後で考えておけば良いと思うくらいで良いのでしょうか。
お金借りるということは未来の自分に対しての負債を増やすということで間違いありません。

 

ということは、いま何も考えずに、今を成立させるための借金をするということは、すなわち将来の富の一部をささげるに等しい行為です。

 

これはお金を借りることが悪いのではなく、無計画で返済できないような額を借りてしまうことが悪いという意味です。
これを繰り返せば多重債務に陥りやすくなりますし、借金癖と言うものもついてしまうことでしょう。
その前に、しっかりと計算して必要な分だけを借り、後はバイトでも何でもして足りない分は補うようにしないといけません。

 

それとギャンブルにはまりやすい人も好む計画性が後後足を引っ張ってくることがあります。
いまギャンブルをするためのお金を借りて、後でギャンブルで取り返せばいいとつい思ってしまうわけですね。

 

でもそのほとんどは成功しませんし、もはや計画ですらありませんから、しっかりとした就業での収支で考えるようにしましょう。